本文へスキップ

ようこそ 川に囲まれた街、岩手の南玄関へ

  

道の駅「かわさき」は東北を被災地を応援致します

スタッフ 紹介from staff

スタッフについて

ふれあいドンと館には産直売り場、レストラン、民芸工芸、お酒売り場があり、別館にはふれあいほっと館があり、24時間トイレ休憩室まで含めますと29名の職員で頑張っています。殆ど地元の異業種で働いていた方達でサービス業経験者はいませんが、

皆「お客様第一主義でおもてなしの心を忘れず」対応しています。
大手サービス業のような接客マニュアルはありませんが、各自が自分で一番良いパフォーマンスで川崎町流に接遇しています。


 

ツバメからのお願い 
平素は「道の駅かわさき」にお立ち寄りいただき 誠にありがとうございます。
「道の駅かわさき」の軒で子育て中のツバメでございます。

私たちは今、子育ての真っ最中です。
春早く、遠い南の島から飛んできて大事な子どもたちを健康に育て、また南の国に帰らなければなりません。

そんな私たちが一番大切に考えているのは子育ての環境です。

何より水がきれいな田んぼが広がり、子どもたちのゴハンの羽虫が沢山いる場所でないと食欲旺盛なヒナたちを健康に育てることができません。
幸いにも「道の駅かわさき」の周辺にはメダカが育つほどキレイな水が流れ、肥沃な田んぼが広がっています。
そのため、「かわさき」周辺ですくすく健康に育った私たちのヒナたちが親ツバメになったとき、大事な子育ての地に選ぶのもやはり「かわさき」なのです。
つまり「道の駅かわさき」の周辺で見かけるツバメたちは「かわさきの良さ」を知り尽くしたリピーターか、口コミで知ったツバメ友がほとんど。

「水」の良さは私たちが保証いたします。

そんな私たちもがもう一つ大事にしている巣作りの場所は、私たちをそっと見守ってくださる人がたくさん訪れるにぎやかなお店や家なのです。

私たちは、お店や家の軒先を快く貸してくださった家の主には商売繁盛や家内安全を。そして訪れる全ての人に小さなシアワセと道中の安全をプレゼントすることにしております。

私たちの気がかりは、私たちの子どもたちが「そそう」をしてしまいご迷惑をおかけする事です。

くれぐれも..くれぐれも、頭上にご注意いただき、また私たちに会いに来てくださいませ。

昨日も新聞社のかたがみえられたようですが、「福をもたらす使者」として、
ほんの少し自慢したくなりました。

2019/06/05 臨時STAFFのツバメ
 




スタッフの声の保存版はこちら

  

道の駅 かわさき (川の灯り)


〒029-0202
岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42-3
TEL:0191-36-5170

営業時間
9:00 - 19:00(3月〜11月)
9:00 - 18:00(12月〜2月)